• 豊かな里山の恵みをいただく

夏休み★山の達人キャンプ 参加者募集中!

 夏こそ、子どもたちに貴重な自然体験を!

まちやまでは、今年も夏休みに恒例の【山の達人キャンプ】(通称:やまたつキャンプ)を実施いたします。

★山の達人キャンプ・共通コンセプト

 自然や人と直接関わる体験 を通して、
 【創造力・主体性・たくましさ・自然や仲間と調和する心】を育む

人は体験を通して、自ら成長していきます。
だからこそ、子どもたちには、多様な体験をさせてあげたいと思っています。

キャンプには、日常(家庭、学校etc.)とは異なる環境のもとで、
自然体験、そして共同生活の体験ができる「場」があります。
 ・・・ 多様な人(大人、子ども)と関わる体験
      バーチャルではなく、本物と触れる体験・・・
インターネットが普及し、バーチャル全盛の時代において、
自然や人と直接関わる体験は、心身ともに子どもたちの成長につながると信じています。

多くの子どもたちの参加をお待ちしています!!


 

★キャンプ日程

7/24(火)-25(水) やまたつビギナー 1泊@大地沢【コテージ泊】 対象:年長~小6
8/ 1(水)- 2(木) やまたつサバイバル1泊@小山田【テント泊】 対象:小1~小6
8/ 8(水)-10(金) やまたつスペシャル2泊@黒川 【施設泊】  対象:年長~小6
8/21(火)-22(水) やまたつチャレンジ1泊@大地沢【テント泊】 対象:年長~小6
 ※5月にイベント等で配布した速報から、対象枠を広げました。

 詳細はこちら ⇒ 2018夏キャンプ一覧表

 

★申込方法

 申込フォームに必要事項をご記入の上、送信ください。



<キャンセル規定>
やむを得ずキャンセルをされる場合、必ずご連絡ください。
連絡日により以下のキャンセル料を頂きます。
・開催日の10日前~4日前  参加費の20%
・開催日の3日前~前日   参加費の50%
・開催日当日(開始前)  参加費の70%
・プログラム開始後     参加費の100%
 

★キャンプスタッフ紹介

塚原 宏城(つかはら ひろき)【キャンプネーム:サティ】
塚原顔写真1979年6月新潟県生まれ。2002年から7年間、札幌市役所に勤務。
2009年 環境教育の指導者を志して上京、自然学校のパイオニアであるNPO法人国際自然大学校へ。長期休みや週末を利用した子ども対象の宿泊キャンプ、デイキャンプのディレクターを多数務めるほか、幅広い年齢層に対して自然体験プログラムを企画運営。
2015年 里山を拠点により地域に根差した活動を行うため独立し、『一般社団法人まちやま』を設立。

●他にもベテランから元気な学生まで、キャンプの規模に応じてスタッフを配置し、キャンプを運営してまいります。
 過去のキャンプの様子
 

~子どもたちとの関わり方~

「自分のコトは自分でやろう」「みんなのコトはみんなでやろう」「難しいことも、チャレンジしよう」
この3つを合言葉に掲げて、キャンプを進めていきます。
安全に関わること、活動に必要な技術や知識、基本的な生活習慣などは、必要なタイミングでしっかり指導します。
その上で、主体性を育むため、いざ活動が始まったら、できるだけ大人は助けの手を出さないよう、スタッフ間で共通認識を持って子どもたちと接しています。
活動自体は安全第一で運営してまいります。

●ご質問などございましたら、下記までお気軽にご連絡ください。
  TEL:070-6561-3741(塚原)
  メール:entry@machi-yama.org

****************************

7/8(日) 子ども菜園教室 体験会開催!

~ワクワクしながら、食べ物のこと、そして循環の仕組みを学ぼう~
 
まちやまは、小学生を対象にした「子ども菜園教室」を9月から新たにスタートさせます。
 

 
野菜を種から育てる、観察する、土をつくる、レシピを考え、収穫した野菜を調理し、一緒に食事をする・・・
このような菜園での体験を通して、単に食べ物がどうやってできるかを学ぶだけでなく、他者との関わり方や、いのちの循環の仕組みにまで触れていきます。
活動中は、アクティブラーニング(体験型学習)の視点を取り入れ、子どもたちが主体的に感じ、考え、実践するプロセスを大切にします。

本プログラムの体験会を、7月8日(日)に開催します。一緒に菜園で心を躍らせよう!

★スケジュール、概要(予定)

【体験会】・・・10:00集合@大谷里山農園(会費500円)
7/ 8(日) じゃがいもを収穫しよう
      ジャガイモを使ってランチづくり

【本プログラム】
9/16(日) 夏野菜を収穫しよう
10/14(日) サツマイモ&落花生を収穫しよう
11/25(日) 大豆を収穫しよう/焼き芋まつり
12/23(日) 冬野菜を収穫しよう/豆腐をつくろう
1/13(日) 落ち葉をかいて土をつくろう
2/17(日) 手前味噌をつくろう
3/10(日) ジャガイモを植えよう/春夏野菜の種をまこう
 ※毎回ランチを一緒に考えて作ります(収穫物を積極的に使います)

・時 間 10:00~13:30(16:00まで滞在OK~里山で自然遊びできます)
・会 場 大谷里山農園およびその周辺(町田市下小山田町)
・対 象 小1~小6(定員:10名)
・会 費 28,000円(全7回、ランチ付) ※単発5,000円/回

※保護者の方は、受付後は会場を離れていただいても構いませんが、施設内に待機スペースを設ける予定です。里山空間でゆったりとした時間をお過ごしいただけます。(見学も可能です)

★申込方法

 申込フォームに必要事項をご記入の上、送信ください。


 
※本プログラムは、カリフォルニア州バークレーで20年以上に渡って実践されているエディブル・スクールヤード(ESY)および、多摩市愛和小学校を拠点に活動しているエディブル・スクールヤード・ジャパン(ESYJ)のカリキュラムをベースにしながら展開してまいります。代表の塚原は、2017年から愛和小でガーデンティーチャーを務めています。

※ESYは【持続可能な生き方】【エコロジーを理解する知性】【自然界と結びつく情感的な絆】を、教育の場でいかに子どもたちに身につけさせるかという課題認識を前提として持ちながら、〈必修教科+栄養教育+人間形成〉の3つをゴールとしてカリキュラムを実践しています。

****************************

7/28(土),29(日) まちやまひろば2018④

 ~竹食器づくり&納涼流しそうめん~

『まちやまひろば』は、自然のしくみや恵みを上手に活かした【里山暮らし】を1年を通して体験できる、定期開催型の里山体験プログラムです。

夏を乗り切るには、そうめんは欠かせませんよね。竹の樋(レーン)に水を流して食べる「流しそうめん」で、暑い夏も涼しく楽しく過ごしましょう。
この日は竹を使ってmy食器(お椀・箸)を作ります。自分で作ったお椀や箸で食べるそうめんは格別です。もちろん、食器はお土産でお持ち帰りいただけます。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

・日 程: 2018年7月28日(土)、29(日) ※ご希望の曜日をお選びください
      (日曜はキャンセル待ち間近!)
・時 間: 10:00~14:00
・会 場: 大谷里山農園

★お申込みは、こちらの 申込フォーム をご利用ください。
★参加費やアクセスなどの詳細は ⇒ まちやまひろば2018

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自然とつながって暮らしたい方、大歓迎!

田んぼ、畑、森、小川、ため池・・・
里山では、自然を活かし、上手に付き合っていく術があれば、多くの恵みを得ることができます。また、食べ物や薪などの燃料を得るだけでなく、学びの場、交流の場、癒しやレクリエーションの場としても適しています。

【まちやま】は、都市近郊に残された貴重な里山をフィールドに、自然のしくみや恵みを活かした体験プログラムを提供します。

里山体験を通して、季節を感じ、自然と上手につきあう豊かな暮らし方、探してみませんか?
『いつも こころに 里山を』