【レポート】まちやまひろば2017 第7回『畑で秋の収穫体験 & ドラム缶でピザ焼き』(11/11,12)

「まちやまひろば」は、自然のしくみや恵みを活かした【里山暮らし】を体験できる、定期開催型のイベントです。
11/11(土),12(日)の2日間、第7回「畑で秋の収穫体験 & ドラム缶でピザ焼き」を開催しました。
生地に使用する小麦粉は、6月に皆さんと一緒に収穫した小麦を挽いたもの。収獲した食材もトッピングに加えて、究極の地産地消ピザを作るぞ!

※写真は工程ごとにおおよそ、土曜→日曜の順に掲載しています(両日とも、基本的に同プログラムです)。

    *   *   *

まちやま産の小麦粉を使って、まずは生地づくり。手を粉だらけにしながらも、しっかりこねていきました。
並行して、トッピング用の具材もカットしておきました。


生地を寝かせている間、畑に移動して収穫体験です。
まずは、サツマイモから・・・掘りだす作業は宝探しみたいでやっぱり楽しい!

次に、里芋を収獲しました。親芋に子芋、孫芋とくっついている姿は、スーパーでは見られませんね。

畑から戻って、お待ちかねのピザづくりです。まずはめん棒で生地を伸ばします。

生地の上にピザソースを塗り、お好みでトッピングをしていきました。
ピザソースは手づくり。定番のトマトソースのほか、まちやま味噌に今年初めて収穫できた生姜などを混ぜ込んだ和風ソースも用意しました。

特製のドラム缶窯に薪をくべて、いよいよピザを焼き上げます。お父さん、大活躍!

「焼けたよ~!」次々と焼き上がるピザに群がる人、人、人。熱々のピザは絶品でした。
特に和風ピザは、大人に大好評。収獲したての里芋を薄くスライスして載せたら、想像以上の美味しさに感動しました。
(写真は撮りそこねました・・・残念!)

さらに、デザート的に作ったサツマイモ&チーズ&蜂蜜のピザも最高でした!

    *    *    *

参加者の方からは、
「ドラム缶のピザが予想以上に面白くて、おいしかった」
「和風ピザが美味しかった!」
「地産地消、素晴らしいです!チーズにもチャレンジしたいですね」
「里芋をピザに入れるという発想がなかったので、目からウロコでした」
などの感想をいただきました。

今回は、小麦粉だけでなく、味噌、サツマイモ、里芋、生姜といった食材も、自家製のものを使用しました。
安心な食材というのはもちろんですが、自然の恵みを受けながら、自らの手で育て、収穫したということが、美味しさをより一層増してくれている気がします。
究極の地産地消ピザをお腹いっぱい食べることができ、幸福感に包まれた時間となりました。

    *    *    *

「まちやまひろば」では、毎月季節を感じられるプログラムを行っています。
2017年度の詳細は こちら をご覧ください。

お申込みは、こちらの 申込フォーム をご利用ください。

皆さまのご参加をお待ちしております!