【レポート】まちやまキッズ2017 第4回(7/11) ~落ち葉堆肥の天地返し、生きもの探し~

【まちやまキッズ】は、里山体験を通して子どもの生きる力を育む「まちだの放課後里山塾」です。
7月11日(火)、小1~6の11名が参加して、第4回目の活動を行いました。
この日のテーマは「落ち葉堆肥の天地返し、生きもの探し」。気温が高くなり、生きものの動きも活発になってくる季節です。どんな出会いが待っているでしょうか・・・!?

最初に、5月に夏野菜の苗を植えた畑の様子を見に行きました。
畑では、ミニトマトが赤い実を付けていました!ちょうど子どもたちの人数分あったので、その場で試食しました。甘かった!

つづいて、冬に落ち葉を積んでおいた場所へ。落ち葉は分解が進んで嵩(かさ)がずいぶん減っていました。
しかし、表面に近い部分はどうしても乾燥しがちなため、分解が進んでいません。
そこでスコップを使って、分解が進んだ下の部分を掘り返し、表面部分と混ぜていきます。

落ち葉の中を掘っていると、ミミズやムカデなどの生きものが出てきました。菌や微生物も含めて、これらの生きものたちが、落ち葉を分解して、豊かな土づくりをしてくれるのですね。

掘り返していると、なんとカブトムシ(雌)を発見!ひとしきり観察してから、森に還してあげました。

今度は、簗田寺の境内に移動して生きもの探し。場所が変われば、そこにいる生きものも変わります。
草原には、小さなバッタやコオロギらしき昆虫たちがたくさん飛んでいました。
あとひと月もすると、さらに成長して草原はより賑やかになっていることでしょう。

池に近づくと、鯉が餌をくれると思って寄ってきます。子どもたちは鯉の動きに興味津々。

最後に、虫かごの中の生きものたちをみんなで見せ合ってから、自然に還してあげました。

    *   *   *

オプションの夕食、この日は新メンバーが入って楽しくいただきました。

    *   *   *

8月はお休みとなり、次回は9/12(火)となります。
少し間があきますが、夏休みを経て、一回り大きくなった子どもたちと再会するのを楽しみにしています。
秋からの新規申込みも大歓迎です!

★2017年度まちやまキッズの詳細は、案内チラシをご覧ください。 ⇒ まちやまキッズ

★まちやまキッズにスタッフとして関わりたい方の募集をしています。
 里山活動、子ども自然体験活動に興味がある方、まずはお気軽にご連絡ください!
————————————————-
TEL:070-6561-3741(塚原)
E-mail:entry@machi-yama.org
————————————————-

※まちやまキッズは、町田市忠生に残る里山で、昨年まで10年に渡って活動をしてきた「里山キッズ実行委員会」の理念を継承し、しぜんの国保育園の協力を受けて実施しています。