【レポート】まちやまひろば2016 第2回『田植え体験&大豆のタネまき』(5/22実施)

「まちやまひろば」は、自然と関わる【里山暮らし】を体験できる、定期開催型のイベントです。
5月22日(日)、第2回「田植え体験&大豆のタネまき」を行いました。

夏を思わせる日差しのもと、およそ60名もの皆さんにご参加をいただきました。
1

     *    *    *

4月中旬にまいた種籾(たねもみ)が、ハス池に作っていた苗床で立派に育ってくれました。
2 (1) 2 (2)
3 

苗はあらかじめ、田んぼの中に投げ入れておきます。
田んぼは事前に平らにならしてあるので、なるべく足あとを作らないことがポイントです。
4

さっそく田植えスタート!
「気持ちいい~!」子どもも大人も、なかなか体験することのできない泥の感触を楽しんでいました。
5 (1) 5 (2)
5 (3) 5 (4)
5 (5)

大人の方々には区画を分けて、より丁寧に植えていただきました。
なるべく深くなり過ぎないように、でも倒れないようしっかり植えていきます。
実際やってみると、なかなか難しい!
6 (0) 6 (1)
6 (2)

午前中いっぱいで、予定していた区画の田植えを無事に終えることができました。
体を動かしたあとのご飯は格別です。
7 (1) 7 (2)

午後は、小麦畑の手入れ(草取り)と、大豆のタネまきを体験してもらいました。

小麦は6月に収穫する予定です。もう穂が黄色に色づいていました。
8 (1) 8 (2)

大豆は40cm間隔(1か所は3粒)でタネをまいてもらいました。鳥に食べられませんように・・・!
9 (2) 9 (3)
9 (1)

     *    *    *

今回は、まだ5月にも関わらず日差しの強い一日でしたが、最後まで頑張って活動していただきました。
参加者の方からは、
「思いきり自然と触れ合えて、親子共々楽しかった」
「泥に入るなんて、なかなかできる体験ではなく、とても楽しめた」
「ご飯がおいしかった。環境もよかったです」
などの感想をいただきました。

これからの季節、暑さ対策はしっかりとしていく必要があると感じました。

     *    *    *

最後に、田んぼ&大豆畑の最新レポート(5/31現在)です。

苗はしっかり田んぼに根付き、今のところは順調に育っているようです。
これからの成長が本当に楽しみです。
10 (1)
(5/31@田んぼ)

大豆の方も、かわいい芽があちこちで出始めました。こちらも楽しみですね!
10 (2)
(5/31@大豆畑・・・3粒まいたはずが、なんだか数が多い!?)

*    *    *

次回のまちやまひろば、6月12日(日)『小麦収穫&うどん打ち体験』はキャンセル待ちの状況です。
7月10日(日)『まちだ産の小麦で!ピザ焼き体験』は、まだ空きがございます(6/2現在)。
参加をご希望の方は、ぜひ早めのお申込をお願い致します。

 2016年度のチラシは ⇒ こちら(PDF)
 お申込みは 申込フォーム をご利用ください。

皆さまのご参加をお待ちしております!(塚原)