【レポート】まちやまひろば第6回 おもちつき&しめ飾りづくり(12/20実施)

「まちやまひろば」は、自然と関わる【里山暮らし】を体験できる、定期開催型のイベントです。
12月20日(日)、まちやまひろば第6回「おもちつき&しめ飾りづくり」を行いました。

セイロで蒸かしあげたもち米が臼に運ばれ、さっそくおもちつきが始まりました。「ソーレ!」「よいしょ!」
もち米は、すべて農園で収穫したものを使いました。
1-1 1-2 1-3

ひと臼につき10分ほどで、美味しそうにつきあがりました。小さくちぎって、トッピングにまぶしていきます。
2-1 2-2

トッピングには「あんこ」「きなこ」「磯部(海苔&醤油)」「からみ(大根おろし&醤油)」の4種を用意していたのですが、なんとこの日は、宮城からわざわざ来てくださった農家の方から、差し入れで「沼エビ」なるものをいただきました。醤油とからめて食べると・・・これが絶品!皆さんに大好評でした。
3-2 3-1

たらふく食べたところで、残りのおもちはお土産用の鏡餅にしました。
4-1 4-2
・・・いつのまにか、粉遊びに(笑)
4-3

午後は、もち米の藁(わら)を使って、しめ飾りをつくりました。一般的に、もち米の藁はうるち米と比べて長めで、しめ飾りに適しているそうです。
5-1

はじめに、ひととおり作り方を説明しました。
5-2

皆さん、真剣に手を動かしていました。自然の素材でものづくり・・・昔は当り前だった光景。良い年を迎えるための準備として、一年の締めくくりとして、恒例の行事にしたいものです。
6-1 6-2 6-3

水引、松、稲穂などを付けて、完成!・・・ポーズが決まってます。
最後は完成品を手に、皆さんで集合写真を撮りました。
7-1 8-1

一日晴天に恵まれ、清々しい気持ちで今年最後のまちやまひろばを締めくくることが出来ました。
ご参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました。

<参加者の感想>
・自分たちでついたおもちは、買ったおもちよりもずっとおいしかった!
・出来立てのおもちがあたたかくて柔らかくて、気持ちよかったです。
・しめ縄、家に飾ります。自作感激です。

    *    *    *

まちやまひろばでは、冬期も以下のイベントを予定しています。
 1月17日(日) 番外編『笹でつくる!ティピー&ミニバウムクーヘン』 チラシは ⇒ こちら(PDF)
 2月14日(日) 第7回『手前味噌づくり』 チラシは ⇒ こちら(PDF)
はじめての方も大歓迎です。まずはお気軽にご連絡ください。皆さまのご参加をお待ちしております!

「まちやまひろば」年間チラシは ⇒ こちら(PDF)

お申込みには、こちらの 申込フォーム をご利用ください。

(塚原)