大学生インターンシップの受入先になりました

近年、大学の在学中に就業体験ができる「インターンシップ制度」を設ける大学が増えてきました。
町田市内にキャンパスがある桜美林大学では、自然環境系のインターンシップ制度として東京都が進めている「ECO-TOPプログラム」を取り入れ、環境関連団体(企業、行政、NPO)での学生の就業体験を推進しています。

この度、まちやまが桜美林大学のECO-TOPプログラム受入先の一つとして、インターン生4名を受け入れることとなりました。

先日、第1回目の顔合わせを行い、実習に向けての希望を聞くと、「農作業に興味がある」「自然と触れ合いたい」「多様な人との関わりの中でコミュニケーション能力も向上させたい」などと、それぞれの想いを素直に語ってくれました。
今後の就職活動や社会人生活において糧となるよう、しっかり関わっていきたいと思っています。

12月20日(日)の『おもちつき&しめ飾りづくり』では、4名全員がスタッフとして参加してくれます。
しめ飾りの練習もこなし、準備は万端!
桜美林インターン

参加される方は、当日会場で彼らを見つけたら、どうぞ気軽に声を掛けてあげてくださいね。
(塚原)