【レポート】やまたつキャンプ(7/30-31)

7月30日~31日の2日間、山の達人(やまたつ)キャンプを行いました。当日は、4名の子どもたちが集まってくれました。

<1日目>
まずは自分達の拠点を作るため、協力してテントを立てました。囲まれた空間が、なぜか人をひきつけます。「中でご飯食べよう!」ということで、テントの中でのランチとなりました。
yamatatu (1) yamatatu (2)

yamatatu (3) yamatatu (4)

お昼を食べ終わった頃、急に空が暗くなったかと思ったら、雨が降り出しました。でも、テントがあれば大丈夫!食休めも兼ねて、テントの中でトランプなどをしながら遊びました。

yamatatu (5)雨も上がったところで、ドラム缶風呂の準備をしました。「入る、入る!」まだ水が入っていない状態から、子どもたちは入りたい衝動を抑えきれず・・・

(空のドラム缶に入る子どもたち⇒)

 

お風呂のお湯を沸かしている間は水あそびで盛り上がり、小一時間もすると、ちょうどよい湯加減となりました。

お待ちかねのお風呂タイム。ドラム缶は、子どもなら2人で一緒に入れるサイズです。顔までもぐる子もいて、とっても気持ちよさそうでした。

yamatatu (6) yamatatu (7) yamatatu (8)

夕食はキャンプの定番、カレーライスです。みんな積極的にお米を洗ったり、野菜を切ったりしてくれました。火起こしも上手くいって、薪で作ったカレーライスが暗くなる前に無事完成!
「姿勢を正して・・・いただきます!」「おいし~い!」かなり大量に作りましたが、みんなどんどんお替わりをしたので、ほぼ完食でした。

yamatatu (10) yamatatu (11) yamatatu (12) yamatatu (13)

夜は、みんなで花火をして楽しみました。同じ種類が2本しかなかったりと、子どもの数に足りない花火もあったのですが、子ども同士で相談しながら譲り合う姿勢が見られました。

yamatatu (14) yamatatu (15)

<2日目>
寝坊もなく、全員7時前には起き出しました。割としっかり寝られたようです。

朝食は、牛乳パックを燃料に使う「カートンドッグ」を作りました。作り方は簡単。具材をはさんだドッグパンをアルミホイルでくるみ、パックに入れて火を着ける、お手軽アウトドアクッキングです。朝からみんな食欲旺盛でした。体調がよい証拠です。

yamatatu (17)
2日目は自由に遊べる時間を多くとりました。盛り上がったのが、ブランコです。森の中にある丈夫な木にロープをかけて作りました。
その他、自分たちで遊びやルールをつくり、楽しい時間を過ごせていました。

yamatatu (18) yamatatu (19) yamatatu (20) yamatatu (21)
お昼は、流しそうめんをみんなで食べました。途中で流れてきたトマトを箸でつかむのに、子どもたちは悪戦苦闘。最後はゼリーが流れてきて、大いに盛り上がりました。

yamatatu (22)
午後は、クラフトをやりたいという子が多かったので、枝を切った木札にデコレーションをしたり、竹でスプーンやカップをつくったりと、作ることに集中した時間を過ごしました。お土産がたくさんできましたね。

yamatatu (23) yamatatu (24)

最後は、2日間使ったテントをみんなでたたんで、キャンプは終了となりました。

IMG_1874ふりかえってみると、子どもたちの表情はいつも生き生きとしていたように思います。里山のフィールドが、子どもたちの遊ぶ力、楽しむ力を存分に引き出してくれたように感じました。これからも、子どものパワーを思いきり発揮できる場を作っていけたらと思っています。
ご参加いただき、本当にありがとうございました。(塚原)